とある若手執行役員の日記

とある会社の若手執行役員の日記です。

俺の節約術

巷には「節約術」なるものが無数に溢れています。

 

「節約」に特化した雑誌や書籍もたくさん出版されていますよね。

 

僕は、そういう本は読みませんし、そういう本で紹介されているような節約術もやったことがありません。

 

僕が実践しているのは超シンプルです。

 

「必要のないものは買わない」「本当にほしいもの以外は買わない」

 

たったこれだけです。

 

買った後に、「あ~なんでこんなもの買ったんだろう」ってなるのが嫌だからです。

 

必要のないものにお金をかける。これってすごい無駄なことですよね。必要のないものだから、買ってもそのうち使わなくなる。そして、「なんでこんなもの買ったんだろう」ってなるんです。

 

だから、僕は買い物をする前にちょっと考える。「これっと本当に必要なものなのか」

 

もし必要だと判断したら買います。少しでも迷いがあれば書いません。

 

この心がけだけで、かなり節約できていると思います。(あくまで私自身の過去と現在を比べてですが)

 

以前は、なんとなく買い物をしていた僕ですが、商品を手に取る前にちょっと考えるようになった。これだけでだいぶ違います。

 

ちょっと考える習慣ができたことで、頭が冷静になり、例えば「これ別の場所で買えばもっと安いんじゃないか」「amazonでもっと安くかえるかも」と考える余裕を持つことができるようになりました。

 

食料品や衣類なんかは、ネットを使わず自分の目で見て確かめてから買っていますが、例えば書籍なんかは、新品であればどこで買っても品質は一緒ですよね。

(まあ、内容を確認したいという人は多いと思いますが)

 

僕は、書店で何冊か立ち読みして、その場、または一回店を出て、ネットで安い値段がないかどうか調べます。

(中古で買う場合に限りますが)

 

ネット以外にもブックオフに行けば安く売られているかもしれませんし、中古でよければamazonでも中古書籍が売られています。

 

「ちょっと考える」

 

たったこれだけのことでずいぶん冷静になることができます。

 

冷静になれば、「あれ?こんなもの本当に必要かな?」「もっと安い店があるんじゃないか」と考えることができます。

 

皆さんも、買い物をする際はちょっとだけ立ち止まって考えてみてください。

 

それだけで節約できますよ!!

 

では!!