とある若手執行役員の日記

とある会社の若手執行役員の日記です。

青春はいつでも雨の中

Our youth is like a rain. Despite of being wet, we still want to be in that rain one more time. 

 

青春とは雨のようなものだ。いくら濡れたとしても、私たちはもう一度あの雨の中に戻りたいと思うだろう。

 

とある映画をyoutubeでみた時(あまり褒められた話ではありませんが)、どこかかの誰かが投稿したコメントです。

 

Our youth is like a rain. 

 

青春ってまさに雨みたいなものです。泣いて、笑って、また泣いて。

 

Despite of being wet, we still want to be in that rain one more time.

 

いくら濡れたとしても、もう一度だけ、もう一度だけでいいから、あの青春の雨の中に戻りたいと思う。

 

あんなに辛いことがあった青春。あの時はもう二度とこんな経験したくないと思っても、あとから振り返ると、誰もがもう一度戻りたくなる。それが青春時代。

 

こんなコメントを書ける人は、どこの誰だか知りませんが、絶対に優しい、素敵な人だと思いました。

 

では!!