とある若手執行役員の日記

とある会社の若手執行役員の日記です。

勝手に昭和の生活に想いを馳せる

僕は平成生まれなので昭和という時代を知らない。

 

そりゃもちろんTVとか本でなら見たことあるけど、その時代に生きていないわけだから、その時代の雰囲気なにおいは分からない。

 

今はスマホがあるし、ネットもある。そもそも携帯電話の出現が人々の生活を大きく変えたと思う。

 

彼女とどこかの駅でデートの待ち合わせをする。これは今も昭和も変わらないはず。

 

僕と彼女は住んでいる場所が違うから、乗ってくる電車も違う。

 

今はスマホがあるから、LINEで一言「今どこ?」と聞けば分かる。

 

昭和というか、まだ携帯電話がなかったころって、たぶん彼女がどの電車で来るか予想して、今か今かと待っていたんじゃないかな。

 

電車の遅延なんかも、今はスマホですぐに調べられるけど、昔はそうはいかなかった。

 

なんらかの理由で彼女が突然来られなくなったら、彼氏は駅でずっと待ちぼうけだったのかな。

 

彼女に電話する時も、家の電話でかけたんだよね。家族の目(というか耳?)を気にしながら。

 

なーんて。勝手に想像してました(笑)

 

では!