とある若手執行役員の日記

とある会社の若手執行役員の日記です。

岡本太郎の言葉

僕は、どんな苦しい時でも、苦しい顔をしないから、自由きままに生きているように見られたね。

 

僕は、今まで、どんなに苦しい状況のなかにあっても、にっこり笑って、悲劇的でありたいと思っていたからね。

 

食えなけりゃ食えなくても、と覚悟をすればいいんだ。

 

それが第一歩だ。

 

その方がおもしろい。