とある若手執行役員の日記

とある会社の若手執行役員の日記です。

SMSは便利だけど。。。

皆さんSMSって使いますか?

 

SMS=Short message service

 

今は分かりませんが、以前はCメールって呼んでましたよね。

 

SMSは電話番号宛にメッセージを送りますよね。

 

文字数の制限は、半角英数字だと160文字、全角だと70文字です。

 

フリードヘルムという人がテキストメッセージの生みの親と言われています。

 

彼がいろいろ研究をした結果、

 

まとまった意味を伝えるために必要な文字数は160文字程度

 

だということが分かったそうです。

 

だから、SMSの文字数は160文字に制限されているんですね。

 

文字数の制限があるもの...

 

ほかにもありますよね。

 

最初に思いつくのはtwitterではないでしょうか?

 

twitterは140字。

 

これは有名な話ですが、twitterの創業者は日本の「わびさび」についての本を読み、

 

物事をシンプルにすると本質がみえるという美意識に共感

 

したから、一回の投稿の文字数を140字に制限したそうです。

 

うちの会社も多くの社員が社用携帯を持っています。スマホです。

 

だから、SMSなんて使う必要ないんですよ。

 

なのに、いまだに業務でLINEやmessengerを使うのに抵抗を感じる人がいます。

 

LINEは文字数に制限がありません。

(かといってだらだらと長い文章を書くのはダメです)

 

写真やボイスメッセージも送ることができます。

 

wordやpdfのファイルだって送れます。

 

メールと変わりません。

 

メールより便利です。

 

急ぎの連絡=電話またはSMSだとでも思ってるのでしょうか?

 

なんのためにスマホを持っているのか。。。

 

あるものは使えばいいんですよ。

 

金がかかるわけでもないですから。

 

あと、SMSには文字数がある。

 

文字数を越えてしまったため、何通にもわけてSMSを送信してくるやつがいますが、アホですね。

 

LINEで送ってくれ、頼むから。

 

本当に急ぎだったら、直接オフィスまで来るか、電話してくれ。

 

そうじゃなかったら、わざわざ金がかかるSMSじゃなくて、LINEなど金がかからない方法で連絡してくれ。

 

それと、文字数制限のなかで言いたいことを的確に相手に伝える工夫をしてくれ。

 

では!